寄生虫が起こす病気|フィラリアに立ち向かう!予防の方法を紹介します

フィラリアに立ち向かう!予防の方法を紹介します

寄生虫が起こす病気

水が入ったコップと薬

ミクロフィラリア、日本名は犬糸状虫。そのような名前の寄生虫がいます。日本名が明らかにしているように、この寄生虫は白い糸のような姿をしていて、単にそのへんにいるだけなら毒にも薬にもならない、取るに足りない生命体に過ぎませんが、これが犬や猫の体に寄生してしまうと、おそろしい病気であるフィラリアの原因になってしまいます。
ミクロフィラリアは犬、猫の血管の中で成長し、大きくなって動脈をふさぎ、その生命活動を停止に追いやってしまうという虫なのです。動脈の中でも、特に心臓や肺の動脈をふさいでしまうので、体内に新鮮な血液を行き渡らせたり、呼吸が困難になったりして、最終的に犬も猫も死んでしまいます。
こう聞くといかにもおそろしく、「てゆーか私たちは大丈夫なの?」という感じになるでしょう。そう、人間にも寄生するんじゃないのか、という疑問が湧くと思います。
しかし、少なくとも日本ではミクロフィラリアが人の血管内に入って病気を引き起こすというのはかなりまれな事例です。ミクロフィラリアがもし入ってきても、私たちの体に備わっている免疫力がたちまちこの寄生虫を幼虫のうちに死滅させます。
しかし犬や猫の場合、この免疫力がないので、ミクロフィラリアの蹂躙に任せて病気になってしまうということになるのです。
ミクロフィラリアは、蚊の体内に潜んで運ばれ、夏の間、犬や猫を蚊が刺したときに血管の中に入り込みます。すなわち、フィラリアの予防は特に夏の間に行うべきことなのです。

Copyright © 2017 フィラリアに立ち向かう!予防の方法を紹介します All Rights Reserved.